楽言楽夢へ戻る

掃除機積んで

久しぶりにヨット。とはいえ昨年は乗ってないから今日は大掃除から。いままでヨットの掃除といえば車に掃除機やバケツ、モップなどを積んで行ったが今日は自転車に積んでいく。私は毎日自転車に乗っているが相方は台湾後一ヶ月以上のブランクだからサイクリングでハーバーへ。


写真はヴァンクーバで出会った同型艇。海外へ行くと必ずヨットハーバーに出会う。その度に帰ったら乗ろうと思うが実際は乗らないことが多かった。

ヨット宣言ってたいそうだけど、もっとヨットを楽しもっと。

賞味期限

少し前に「訳の分からん賞味期限」と書いたがもう少し書きたい。

魚の鮮度や野菜の鮮度を自分の目で見て分からない人が増やされている。そういう人は賞味期限だけを鮮度の判断に使う。裸で並べられた魚屋で買物ができな い。盛って売る八百屋で買物ができない。あの表示は「食の安全」の名の下にそういう人を増やしている。すべて悪循環なのだ。食えるものを捨てることにも使 われる。無駄以外に数値だけの判断は良い食材を買えない。

全ての賞味期限が不要だとは云わない。牛乳など外から見て分からないものは表現は別にして鮮度が分かる必要はある。産地も知りたい。だが昆布や鰹節まで賞味期限は必要ない。

私は「半値」が貼られた魚や野菜を買って帰る。「半値」の魚や野菜が美味いかどうかを見分ける。美味い不味いが鮮度に正比例するとは限らない。飛び跳ねるアジをその場で塩焼き、血抜きして一日の塩焼き、開いて一夜干し。同じアジでどれが美味いのか。

値段は数値で判断しますが。

ヘッドホン

自転車通勤のヘッドホン。行きは英会話で気分納得。帰りは楽曲。大げさなようだけど世界が変わる。歩く速度と音楽の関係より自転車速度で音楽を聴く方がインパクトがある。目に入る風景が生き生きとするって大げさか。

二十歳過ぎに彼女と車で二泊のテント旅行に行ったとき、東芝のカセットラジオを買って足下で鳴らしながら走った。あの時の感動を思い出した。当時はカース テなど高価で買えなかった時代。エアコンもないから三角窓から風を入れて走った。普通ならラジオのペシャンコの音だけなのに自分の好きな音楽をましな音で 聞きながら走れたんだから二人は盛り上がるよな。

流れる光景と好きな音楽のベストマッチ。自転車で同じことを感じた。素敵な世界がまたひとつ増えたぞ。サイコー。

通勤荷車


徒歩と電車通勤の時は長尺ものは運べないから車で運んでいた。板の長さは1.8m。これで片道30kmを楽々。

荷台にはドリルやグラインダー。バッグにパソコン、弁当、お茶、珈琲、着替、書類。帰りは食材や米も。徒歩通勤で運べないものが楽々。決して無理はしていません。

「今日は荷物があるから車」とか「買い物だから車」「雨だから車」なんて云わないでおくれ。

二重になるから

自家製のパン。ナスのガーリック焼とウインナーを巻いて焼き上げたパンは香ばしくて美味しい。

私が焼いたのではありませぬ。近くに住む一児の母、娘の作品。

彼女は焼き菓子やパンが得意でよく持ってきてくれる。それも早起きして焼くらしく朝一番に持ってくる。郵便配達して子育てして家事して....頑張り屋だね。

いつか私の焼いたパンをお見せする日が来るとよいが娘が焼いてくれるあいだは二重になるから遠慮するわ。

巨人・大鵬・玉子焼き

テレビを一切見なくなったことに気がついた。以前から少しだったけど今はまったく見なくなった。もう一年くらい見ていない。ニュースはテレビや新聞でなくネット。動く映像で見る必要は全くない。

テレビって何に役立っていたんだろ。思えば何の役にも立っていなかったのか。いや、ワールドカップや名作映画は良かったよ。はじめて見たのが小学生のころでアイスキャンデー屋へ行って力道山を見せてもらった。面白かった。その後ずっと見てきたんだ。

いまの自分は意識して見ないようにしたり毛嫌いでもない。でも今の生活習慣ではもう見ないと思う。見るより充実しているから。見なくなったことに気がついたほど。

サーバー引越

難産の末に移設できた。ほんと難産だった。

わたしは仕事でも私用でも壁に突き当たると考えるときに必ず体を動かしながら考える。歩きながらが一番多い。じっと机に向かったりベンチに腰掛けて考える と思考が止まったままで解決の糸口が見えないことを経験で掴んでいる。歩きながら考えると客観的に物事を見て思わぬ糸口が見つかる。すかさずメモする。

今回の壁もどれくらい歩いたか。自転車で米を買いに三回も走りながら考えもした。結果は解決した。これで毎年三万円が浮くのだから毎年台湾か。

ところで新サーバーの性能だけどムッチャ速い。データベースの再構築なんて時間がかかるから嫌で滅多にしなかったが、スパスパ動いて気持ちよし。文字列検索も速い。今日明日に切替だ。

通勤

台湾から帰って毎日自転車で通勤しているが、すっごく気持ちの良い時を過ごしている。素直に「しあわせだなあ」としばしば感じる。

良いことを思いつくと忘れないように手帳に書き留めるが、徒歩で駅まで歩いていたときより書く回数が増えて中身が濃くなった。これは脳の働きが活発になっ ているからだと思う。真夏の気温や秋から冬に日が短くなると乗れるかどうか分からないが無理がなければ自転車で通いたい。

ひとつだけ困ったことがある。徒歩の時はヘッドホンで英会話の練習をしていたが自転車では安全上耳は空けておきたい。でも言語は繰り返さないと駄目だから困っている。

試しに一度だけ聞きながら自転車に乗ってみよ。

人生開店


滋賀の温水さんが独立してカウンター割烹の店を開くと連絡が入った。「売上げの協力は期待できないでしょうが心の支えにはなれます」と返事した。

励ましと心構えのあり方を書いたが上手く書けない。書いては消し書いては消し。三度書き直したが結局は出さないことにした。励ましはうわずってしまうし、 心構えは説教臭くなる。どうしても伝えたいことが文章にならないのだ。二日後開店の彼を思うとそんなことを読む間もないだろうし時を経てから伝えようと決 めた。

温水さん、良い滑り出しを願っています。お客様に喜ばれますように。

でなおし

サーバーの引越はことごとく上手くいかない。八方塞がりの状態で移行選択肢がどんどん少なくなった。今日行うのは 道具を使って移行する最後の方法。これが駄目なときはサイト開設と同じ作業で一件ごとに新サーバーに登録すること。それは旧サーバーの利用可能期限を過ぎ るから一年延長し、新サーバーと両方使える状態が必要だ。

この移設作業で思ったのがサイトや通信簿の発行と維持に相当の力を注いでいるが、その価値はあるのかということ。読者や訪問者が何かを受け取ってくれて、その人に少しでも役立っているのかということをよく考えた。

今、サイトと通信簿を止める理由が新たに発生したわけではない。創設時の意図がまともだったのかという問いかけそのものだ。とりあえず静止点は破棄して記事を再開します。

途中、札幌のさとこちゃんから「こんぢょぉのあるかとけんがすきです」というお便り。大きな壁を目前に百万馬力の原動機です。ありがとう。

途中経過

たいへん苦労しております。くじけそうなくらいです。この記事は古いサーバーから。

さきほど一条の光が見えたのだけど.......前途は険しい。

レンタルサーバー引越

年五千円のレンタルサーバーに引っ越すことにした。何をどうすべきかの手順を整えたので今日から移行作業にかかります。作業中に問題を起こさないためにこの記事で一旦静止して移行に集中。きちんと動くようになれば記事を書き換えます。その間アップ出来ませんが悪しからず。

って、これが最後になったりして。

別れ

昨日の青年とは早朝に一緒に出発した。京都へ向かうわたし、彼は真っ直ぐ大阪に向かわず途中から琵琶湖大橋を向いた。その距離を加えると帰りは百キロを軽く超す。

名前は聞いたがメルアドや電話番号は聞かず一期一会を意識したわたし。

ママチャリで大阪まで無事に帰れたのか心配が胸をよぎると共に、彼の笑顔が浮かんで消える。

青年

昨日の帰路、東山トンネル手前でママチャリの青年が道を探しているので歩道トンネルを案内した。聞くと大阪から来て琵琶湖を目指しているという。途中まで道案内を買って出た。

逢坂山を越え湖岸を走りながら今夜の宿が未定というから「拙宅に泊まりますか」と云うと「お願いできますか」で決まり。夕飯を共にして久しぶりに若い方と話が出来た。

地図で測ると最短で70km。変則的に走ったらしいから80km以上をママチャリだ。しかも平気な顔をして楽しそう。ハンドルの籠にリュックひとつ。泊まるあても行き先も未定の自由気ままな旅。

滅多にとれない二日の連休を目一杯楽しむ青年に乾杯をしたかったが酒はなしの夜だった。鈴木さん、ありがとう、楽しかったよ。

ブラシの続き

歯ブラシと一緒に写ったブラシは何に使うか。

塗装用ブラシの長い柄を切っただけ。昔は髭剃りにスプレーのシェービングクリームなる高級紳士用品を使っていたがこのブラシで洗面の石鹸をコチョコチョっと泡立てて塗る。

むかし散髪屋で髭ブラシで暖かい泡を塗ってもらった記憶。ゆったりしたひとときだった。その雰囲気がたまらなく心地よいのだ。お金もかからないしね。高級紳士でなくなるのは致し方なし。クリーム屋さん、商売の邪魔してすまん。

このブラシの使い道がもう一つ。髭に泡を塗ったあとの泡幸福のひとときに
メガネのレンズをさわさわさわっと撫でてからブラシとメガネを水で流すんだ。ちょうど髭も柔らかくなって剃りやすいタイミング。メガネはレンズが無いくらい透き通る。一石二鳥ならぬ一泡二潔よ。

ブラシ

私がブラシを沢山持っているのは道具として有用だから。自転車の掃除用だけで五種類くらい。

どんな人間もお世話になる歯ブラシ。使い込むとはみ出てくるがハサミで散髪してやると機能が回復する。上はお好み焼きのソースブラシ。これも散髪でソースが無駄なく綺麗に塗れる。

掃除用ほうきもはみ出るが散髪できちんと掃除が出来る。ブラシと頭は散髪しなくっちゃ。


写真は日本の旅の宿についてる歯ブラシ。私は電動を持ち歩くから使わないがもらって帰る。炊事場にも机の引出にも道具箱にも何処にでも置いてある。使い道 は魚の掃除、瓶の中の洗浄、アルミサッシのレールの掃除、マフラーなど布に付いたゴミ掃除、爪の洗浄などなど使い道は山ほどある。

さて、歯ブラシと一緒に写ったブラシは何に使うでしょう。

カップ麺

台湾のカップ麺。コンビニが日本より多くて売っているのは日本と同じ。
即ちカップ麺も売っている。

この麺は阿里山で二泊したときに買って食べずに持ち帰ったもの。阿里山には気の利いた食事どころがなかったので夕飯はコンビニ仕入れだったのです。日本にはない味のスープで美味い。

中国語で使っている材料もカロリーも書いてあるが読めないから分からない。ひとつだけ分かるのは化学調味料は使っていないことが食べて分かる。町で食べる ものにも化学調味料は使っていない。だけど美味いのはスープの基本が違うと思う。次回訪問時はスープの出し方を学んで来よっと。

本来無一物

物を買わないと決めている。死んだときに自分の物は大半捨てられることになる。親の死を経験した人は親が残した 「物」の結末を思い起こせば分かると思う。あと何年生きるか分からないが生きる時間が減っていることは確か。捨てられる物をたくさん抱えて死にたくないの だ。理想を云えば我が身も、身の回りの物も同時に使い切って終わりたい。

今持っている物を使い切ってなおかつそれが生きるためにどうしても必要なら買い足すが、たぶん買い足すことは無い。例えば自転車は三台持っているが一生か けても使い切ることはないだろうから買い足す必要は無い。GPSもどんどん新機種が出るが数世代前のGPSで充分だし、それが壊れたらGPSはどうしても 必要でないから買わない。衣服も擦り切れるまで使い切ってしまう。

人間以外の動物は何一つ物を持たず生き、何一つ物を残さず世を去る。それが自然の姿なのだ。本来無一物。

物欲や金欲にまみれた、哀れで惨めな歳のとり方を
したくない。

日曜日

なぜか久しぶりの休日里山散歩。前回散歩が冬服で冬鳥の野鳥を双眼鏡で見ていたから三ヶ月くらい歩いてないんだ。ショートパンツにTシャツは心地よい風を頬に受けて自転車筋肉はお休みさせて.....。


池には蓮の花が「ポン」と音を立てて咲いたよう。


道端の草を摘んで帰って久しぶりに生けたら家の空間が爽やか。

あぁ、日曜だ。

一夜干し

はじめて一夜干しに挑戦。っていうほど難しくない。簡単に云うと開いてたて塩に漬けて干す。自転車通勤で夕方半額のアジとスルメイカを買った。今日明日に食べないから干物にした。

寝る前にザルに並べて翌朝には出来上がり。冷蔵庫に入れて日持ち。これがとっても美味いから翌日は鮭の一夜干し。その翌日は鯖の味噌漬け。

魚の処理といい塩と味噌といい日本の料理の単純かつ奥深さをひしひしと感じた。イワシの固干しも延長線上にある。

「どんな素晴らしい料理も焼いた目刺しには勝てない」と亡くなった超有名料理人の言葉を思い出す。「飯と目刺しがいちばんのご馳走」と言った経団連土光さんの気持ちは正直だ。

干して焼く魚。アジ一枚十五円、イカ一枚三十円。これがまさしく料理だ。

サーバー

このサイトに使っているレンタルサーバーは2GBまで使えて年間三万五千円。その前に違う会社のサーバーを使っていたが高くて容量が小さかったので二年前に乗換えた。それが6月20日で継続更新になる。

調べると3GBで年間5千円というサーバーが他社にある。随分安くなったなあ。独自サーバーの電気代にも満たないよ。で、再度の乗換えを検討中だけど大き な問題がデータベースのバージョンを上げなければ使えないのだ。これは作業としては難題が待っている。もう一つは複雑な環境下で動かしているから実際に動 作するか確信がない。

さて、時間もないからどうするか。年三万の節約は台湾の飛行機代。

へ戻る