楽言楽夢へ戻る

めったに見られない


写真が何であるかが分かる方は建築のプロ。便器の裏側で床面に接する部分を見ています。左は改装中マンションのユニットバスの便器でシャワレットをつけるには無理なので右の新品に取り替えます。

って簡単に言いますが便器だけで二十万くらいしてシャワレットが十万以上。それに工事費がとても高い。かとけんは「けちけん」ですから仕入れはネットで安く買って、工事は自分でやっっちまえってわけ。

でも左と右では穴の大きさが違うし前後の位置も違う。一番の違いは下水管との接合方法が違う。左の旧式は写真でも見えるドーナツ状のワックスリングという パテで接合してあって、分解して見たとき「これで良いのか」と思った。右はパッキン状のゴム板の中に見えてるパイプを差し込む接合。

ここまで違うと便器の乗せ替えでは済みません。下水の配管からやり直すのです。かとけんが。その配管写真は後日掲載するとして、うんこやおしっこはどのように流れるか、ついでだから読んどいてください。詰まった時に役立つかもね。

便器の上から見えている溜まった水は下水の臭いをストップする防臭のためでペリカンの首のようになっている。その先の管に水は常時ありません。空洞です。流したときに小川のようにゆらゆらと流れていきます。

水が少なかったり管が細かったり傾斜がなかったり、思いっきり大量のうんこをしたりすると汚物は本管までの途中で止まる。そのまま便秘で一週間用を足さないと固まります。そういうことが詰まる原因になるのですね。

さて、臭い作業の続きにかからなくっちゃ。
待てよっ、飯を食ってない。手を洗ってないが、おにぎり食うか。

へ戻る