楽言楽夢へ戻る

ドロミテ最後

今日でドロミテの花写真は終わり。

ドロミテには小鳥が少ない。というより高度が上がると針葉樹が増えて小鳥の棲家に適さないからでしょう。でも、たまに小鳥の囀りを聞くと立ち止まってしまう。

一方、耳にするのは放牧の牛の鈴。のどかなチロルの音。カランカランという音やガラーン。ガラーンという音。それらの音が重なってバリ島のガムランのように聞こえた。素敵です。

へ戻る