楽言楽夢へ戻る

群れ

人は群れる。観光バスで群れて廻る団体旅行は画一化された価値観を安く味わうための、行ったことがあるだけの旅の群れ。

半強制的に行われる忘年会、新年会、送別会、歓迎会。嫌な人がいても数が揃うことを喜ぶ一部人間の集団主義。


早朝出勤時に出会う立命?クラブ員。こういう練習方法は各人の調子が違うから良くない練習なんだけど気がつかないのだろうか。今時、群れて画一的練習の時代じゃないのに。

私はこれらの群れが嫌い。一方、好きな群れもある。

サッカーチームは群れで闘う。戦いの中に敵も含めて喜びを分かち合う素晴らしい群れ。

エベレストに70歳を過ぎて二度も登った三浦雄一郎。隊列を組んで全員の力を合わせて登る時の連帯感がビシビシと伝わってくる。成功したときの喜びを分かち合う涙が美しい。

今日は麺類

昨日は仕事で滋賀の北部へ。ついでに足を伸ばして長浜へ昼飯を食いに行った。時刻は二時を回って腹ペコ。


長浜の郷土料理のひとつ「焼鯖そうめん」を食べた。美味いっ。でも量が少ないから次の店へ。


同じく長浜の郷土料理は「のっぺいうどん」これまた美味いっ。で駅に向かう途中、またもや美味そうな焼鯖そうめんの店。しばし考えた。えいっ、食ってしまえ。


こちらの焼鯖そうめんはひとあじ違って美味い。昼飯に三軒のハシゴは初めて。

体重は72kg台を維持しているから大丈夫。

親子丼

昨日の昼飯。自転車で四十分走って親子丼を食べに行った。西陣の鳥岩楼は昼は親子丼だけを出す。夜は水炊きなどが食べられる老舗。中庭を見下ろす二階の和室に通されたが観光客が並んで待つのに一人でひとつの卓を占領するのに気が引けた。

出てきたスープをひとくちすすって「うまいっ」と声を出しかけた。このスープでの水炊きは美味いに違いない。続いて親子丼を口へ。これが絶品。玉葱を使わず卵と鶏だけ。こんなに美味い親子丼ははじめて。


八百円の幸せ。京都に来られたら昼ご飯にどうぞ。

注射針の使い回し

 「注射針の使い回し」それをニュースで聞いたとき自分の耳を疑った。医療関係者が血液を媒介に感染する病気があることを知らないのか。知っていて行っているのか。どちらにしても相当むかつく。

しかもひとつの診療所だけでなく発覚した県だけで40ヶ所以上。全国だとどうなるねん。

これからどこへ行っても注射針を使われる度に「使い回しですか」と聞くのか。この国の医療ってそんなに低レベルなんだ。

知らなくても知っていてもれっきとした犯罪だよ。殺人もしくは殺人未遂。即日に逮捕して監獄へぶち込め。ぶち込んだ全員に毎日注射針を使い回してやれ。

馬鹿野郎。

常識を捨てる

一概に自転車を楽しむと言ってもいろんな方法がある。ロードレースや耐久レースは速さを競うから速く走れないと楽しくない。ブルベは規定時間内に決められたコースを走りきる事が目的だから寝るのを惜しんで走る。どちらも結構辛いことがついて回る。

私の自転車旅はどうかと云いうと、速く走らない。規定の時間もない。だからトンネルで危険な状態になると降りる。車の多いところは歩道を走る。危険な状態はストレスで楽しさを削ってしまうからね。日本一周などもってのほか。危険な道を嫌でも走らなければならないから。

苦しいこともしない。急坂は躊躇なく押して歩く。息をハアハア云わせるようなことはしない。押し歩くと、違う筋肉を使うから疲れない。坂が緩くなったら乗る。「自転車乗りは足を着いてはいけない」などという常識など捨ててしまうのです。常識を捨てるというのは私の生き方そのもの。

そして一日に何回も休憩する。花の写真を撮って休憩する。だから疲れないし辛くない。自転車での移動を楽しむこと。風景を楽しみ、風や香り、波や林の音、小鳥の囀りを楽しむ。

もうひとつ。6日以上の連続走行はしない。積極的に自転車休息日を作って山に登ったり魚を釣ったり自転車以外の筋肉を使って自転車以外の楽しみを持つ。

これらが自転車旅の秘訣。気持ちの良い風呂に入って美味い酒を呑み美味いものを食う。ふかふかの布団でぐっすり寝る。これらも自転車旅の楽しみ。

また、行きたくなってきた。

特殊ネジ

帰ってみると自転車のバッグが壊れてる。


ネジが落ちたのだ。特殊なネジで同じものはない。かの道具箱には沢山の種類のネジが保管してある。


よく似たのを見つけてバッチリ。これでイタリアもカナダも大丈夫。

原油の高騰

凄い勢いで原油が高騰している。JALが国際便料金を上げると発表。

まてよ、世界一周航空券の予約はしたが発券していないから、今、値上げされると.......。昨日に全て発券をお願いした。

飛行機に鳥

熊本空港から伊丹に戻る便。到着が20分遅れたから出発も20分遅れるとアナウンス。ところが着陸時に鳥と衝突したから点検をすると追加アナウンス。予定では一時間かかると。床にごろ寝して待ちました。

結局二時間遅れて自宅到着が深夜となりき。昨日は大幅な朝寝坊。

離着陸時に鳥を追い払う上手い方法はないのだろうか。

熊本の旅日記

熊本の旅日記は楽旅楽夢に移動しました。

コンプレッサー

 
この塩ビパイプと蓋二個。


エアータンクに化けました。自転車の整備にエアダスターがあるときちんと整備できます。その実際は後日に書くとして、この小さなコンプレッサーは塗装用に十年前に買ったもので活用機会が少なかった道具。圧力が4気圧で物足りないのですがダスターには使える。

ところがタンクがコンパクト過ぎてピストルが連続で撃てない。タンクを探しましたが高いし.......。


材料費が千円台。蓋に穴を開けて両側から絞めこんでシールテープで密閉しましたが、螺子を絞めなおすためにはタンク内部に手は入らない。写真のように固定したからエア漏れが発生しても絞めなおせます。

収納もガレージ奥の自作物置にきっちり収まる設計。ほんとに創るの大好き人間だ。かとけんは。


------------------------------------------------------------------
只今、伊丹空港は熊本行きの搭乗待ち。今日から六日間の九州旅。はじまり、はじまり。

写真展

[東京 山西さん]
ミクシィで見たとは思いますが、写真展をやります。ほとんど昔の写真なので、わざわざ来てもらう程の内容ではありませんが、一応ご報告です!

勝負出来る新作でガツンと個展を開く日を楽しみにしていて下さい!



[加藤建三]
始まったら紹介しようと思ってたんだよ。話があったときから、「すっげえ」と思っていたよ。鶴田真由の家に招かれたり外務省へ行ったり。師匠は雲の上のお方になられて遠いわい。って嬉しいよ。

頭に枯れ木を積んで歩く三人が私の二階を飾っている。毎日見るが素敵だ。横浜には行かないがごめんよ。頑張れ。

カナダエアー

六月のイタリアとカナダの旅。一番困ったのがカナダ国内の航空便。自転車の積載がとても厳しい。日本なら袋で積んでくれるがハードシェルコンテナでないと駄目。自転車積載は五千円必要。サイズが158cm以上だからそれに加算が八千円。二台で合計二万六千円。

そこでエアカナダを詳しく調べるとカヌーなどはエアカーゴを使えとある。面白いことに同じ便に乗せるのにカーゴだと重量運賃で20kgとしても五千円で積める。はず。

もうひとつ。どちらにしても箱が必要。ネットでヴァンクーバの自転車屋にメールしてダンボール箱を売ってくれと言うとタダで良いと言ってくれた。お世話になります。

日本の国内航空は袋で手渡しで無料だからほんと有難い。

 
これは植え替えた蘭。二年に一度は鉢から出して古い根の掃除をして土やミズゴケを替えてやります。あとは日当たりが半日影になるように外に置いて水遣りを欠かさない。


これで綺麗な花と葉を年中楽しませてくれます。でも、この冬に一鉢枯らしたんだ。

コインロッカー

自転車旅行で梱包材を全て積んで走るのは重い。今週末の熊本の旅は熊本空港出発で熊本空港がゴール。たぶん皆さんなら空港のコインロッカーに梱包材をを入れるでしょうが一日四百円で六日は二千四百円かかる。

そこで空港近くの郵便局留めで荷を送ってコインロッカー代わりにします。すると六百円か八百円で済む。


この箱は何かと申しますと三辺合計が60cmと80cmの箱。小さいほうの郵パック送料が六百円で大きいのが八百円。今までは適当な袋に入れて局へ行くのですが、詰め方と測り方で値が変わる。だから最初から規定寸法の箱に入れるのです。

大きいほうは今回のように飛行機を降りて帰るまで私服を使わないときに私服も入れる大きさ。前々回の九州のように長崎や福岡で私服で町に出るときは梱包剤だけ小さい箱に入れて郵パック。二百円の差ですが、長崎の市電も市バスも百円ですからね。

コインロッカーと比べると美味い焼肉が食える程の差。脳みそは生きているうちに使え。

休日

土曜の休日は一日中雨。雨は雨ですることは沢山ある。北陸の旅で汚れた自転車の整備。二台連続でやると疲れるので午前に一台、午後に一台。その間に海外ツアーの詳細情報の準備。孫を連れて母の日訪問が三人。北陸旅の旅日記。

雨の止んだ日曜は庭仕事。垣根の刈り込みだけで朝八時から一日を費やしてしまった。昨年まではもっと時間をかけずに出来たはず。いいかげん歳かなあ。

自宅のネットは随分前からeo光を使っていますが、このたび電話もeo光に変えました。三百円の追加基本料金で通話料も割安です。会社のネットと電話もeo光にするべく手配中。そうなるとNTTから一切の請求が来なくなる。

国際航空運賃の謎

ソウル発関西行きの航空券を格安で手に入れるのに方々を調べた結果、大韓航空の日本支店でソウル→関西往復が15万円。同じ大韓航空の便を大韓航空のソウル支店で買うと往復八万。

JALと大韓は共同運航だから同じ機材をJALとしてソウルの安売り店で買うと往復五万ちょい。最大の価格差は10万円以上。二人だと20万も変わる。

もうひとつ。ストップオーバーといってソウル関西経由那覇を往復で買うと関西那覇が片道九千円で乗れる。実際の利用はソウル関西以外は一年オープンだから正月でも盆でもGWでも乗れる。

して、切符はEチケットが常識の今日。番号をカウンターで言えば何も要らない。探せば安く飛べるんだ。世界一周航空券も含めて。

ツール・ド・国東

[梶原さん]
今は月に平均で1200キロ以上走るのが当たり前になってきました。国東もお陰様でその成果が出て念願の5時間を切って4時間58分の15位でゴールできました。

途中のエイドから4人でローテーションで走り、何度もお互いを励ましあいながらゴールした時は、みんなで感激して握手をしました。ツール・ド・国東は毎年こうした出会いを演じてくれます。

さて自分はこの度スコットのアディクトを新調しました。

かなり無理してしまいましたが、出来上がって走ってみるとやはり買って良かったなと思います。6.3キロと超軽量なこのマシンで今シーズンヒルクライムレースに挑んでいきます。

[加藤建三]
素晴らしい青春を過ごしているよ。1200kmを単純に30日で割って、毎日40kmだろ。雨の日も風の日も。

梶原君、UCA公認のツールド沖縄に出ろ。飛行機賃半額の券をあげるから。記録を残しておけよ。

云っておきたいことがある。何時か勝てない日が来る。その時にどのように自分に向き合うかが人生を決める。勝っているときに向き合う自分は簡単に捕らえられても、負けるときの自分を捕らえられない方が大半だ。

へ戻る