楽言楽夢へ戻る

金沢 能登 富山 高山の旅日記は楽旅楽夢に移動しました。

休日の朝は早足里山散歩で始まって、朝食後に摘んで来た花を生ける。


土曜に三本摘んで来たが物足りないので日曜に二本摘んで生けた。で、二本摘むときに思ったのが生け花にするのは奇数。だから三本に二本を加えたのですが、そのときに考えました。

奇数に対して偶数を何度加算しても奇数にしかならないのに、偶数に対して奇数を何度か加算すると偶数になったり奇数になったりする。2+3+3=8 2+3+3+3=11。どうしてなのか学校で習ったような気もするが記憶にない。

とりあえず「奇偶の法則」と言っておこう。ところで英語で偶数は Even number 奇数は Odd number。Evenは「同等に」とか「ちょうど」と使われる。奇数のOddとは「変わった」とか「奇妙な」という意味に使われる。

先ほどの2+3+3=8 2+3+3+3=11と奇数を加算した結果が奇妙な結果になる。やっぱ奇なり。
------------------------------------------------------------------

只今JRは各駅停車で北陸を目指して移動中。今日から八日間は金沢から能登、氷見、富山、高山、美濃大田を巡ります。カミサンの風邪もなんとか治まりまして.......。

化ける

 
写真は塩ビのパイプで直径10cm。二つあるのは両端用の蓋。さて、これが何に化けるかわかるまい。

風邪、その後

風邪をうつしてしまった。風邪をひいても寝込むことのないお方が「私、寝る」と言って朝から寝ておる。すまん、すまん。今回の風邪はきつかったのだ。

私の風邪で旅の前半四日をキャンセルしたが、これから寝込まれると連休も旅に行けなくなる可能性が出てきたよ。連休だからキャンセル料も要るかもね。だけど体を休めなさい。

ところで私の体ですが「風邪の効用」どおり自然な経過を辿りまして、治ったあとの体は見違えるように変わりました。体が軽く、スキッとしていて食べ物の味もしっかりと味わえる。「効用」は充分であります。

整理

ブックマークって貯まる一方で、何時か整理しようと思っていただけ。

風邪で閑だったからこの際やろうと手をつけた。既にサイトが無いものが半数以上。分類が悪いから有用に使えていななかったのも多い。タイトルでは中身の分らないサイト。少ないけれど以前より良くなっているサイト。整理すればネットが一層生きてきました。

今回の整理で一番の成果が地図検索。 いつもはグーグルを使っている。


海外では目的地間のルート変更も途中のどこかをドラッグドロップで簡単に距離はわかる。 ただ、グーグルは国内での距離に使えない。


金沢輪島を調べると小松から羽田経由で輪島空港。あとは徒歩とでる。ところが今回の整理で驚いたのがマップファンが国内距離計算に対応するように変わっていました。


海外のグーグルような使い勝手の良さには劣るが、交通機関を電車などか車や自転車かを選べて、高速を使う使わないや細かい経由地も指定できる。距離も交差点の情報も出てきますね。これはありがたい。

http://www.mapfan.com/

新バージョン

新しいものが好きな方がいます。Vistaが出たら直ぐに買う。新バージョンが出たら真っ先に買う。新しいゲーム機の発売行列に並んで買う。

私は逆に新しいものは滅多に買わない。当時Vistaに飛びついたお客さんから今までのソフトが動かないと苦情。XPに戻されました。新バージョンはバグだらけ。バグ潰しのお手伝いをするのが常。私は熟成して安定的に動くようになって買います。

でも、発売から相当の時間が経ったがVistaはいらない。

風邪の効用

昔、30歳台の頃「風邪の効用」という本を読んだ。野口晴哉という方が1962年に書いた本で随分感銘した。記憶していることを書くと、風邪を治そうとせず、うまく経過させることで体の調子が良くなり綺麗な体になる。重い病気をしなくなる。ひき始めはどの様にしても良いが、治りはじめたらきちんと休む。というような内容だった。

この方は「気」を扱う方で野口整体の創始者。門下生の宇治道場へ行って何度か体を見てもらったことがある。


滋賀県立図書館の横断検索で「風邪の効用」を探すと大津市立と県立に置いている。県立は貸し出し中だから市立へ借りに行ってもらった。久しぶりにもう一度じっくり読もう。

静養とは

風邪で寝ているといっても退屈で、ついつい机に向かっているワタクシ。ネットで遊ぶワタクシ。

スターアライアンスの全世界の時刻表を見ながら次の世界一周を企画しているワタクシ。面白くて止められません。

http://www.staralliance.com/ja/travellers/index.html

このサイトは「運賃商品」「世界一周」の時刻表をダウンロードしたり、マイル計算も。


時刻表で世界の空港を探しながら地球をくるくる回して飛び先を練る。


Amtrakのサイトで時刻表と料金を見て列車の中をバーチャルツアー。けっこう安いんだ。飯も付いて自転車も積めるし。

http://www.singaporeair.co.jp/a380/  

これが飛ぶんだ。このサイトのキャビン体験のビジネスクラス。完全フラットでなんと広い横幅か。

そら、風邪も治らんぜ、アンタは。

風邪

ハワイで風邪のときは気力で運転したが、今回は立ち上がるのも辛い。でも、インフルでないかぎり薬は使いたくない。ほんとに風邪なんだろうか。今日も寝よう。 金曜の宿はキャンセルした。治らなければ前から毎日キャンセルしかない。

踏んだり蹴ったり

不覚にも風邪をひいてしまった。酒に酔ってソファーで寝込みを二日連続でしたから。熱があって咽喉がガラガラに痛む。良い天気なのに日曜は一日寝ていた。

こんな時に限って悪いことが起こる。寝違いで首が回らない。食べていて舌を噛んだ。踏んだり蹴ったりだよ。

今朝も高熱。金曜からの旅に出られるか。

とっとっと

[大内さん]
「とっとっと」とは「(座席を)取ってあるのですか?」の意味。その返事として「おう、早うから、とっとっと。」「そりゃすまんなー」てな具合に会話するのが九州流?

[加藤建三]
大内さんも徳島から移民したときは九州弁にためらったでしょ。完全にマスターしましたね。

方言

福岡ドームは外野席。夫婦で観戦に来たご夫婦が既に座っている方に向かって「とっとっと」と云われました。さて、どういう意味でしょう。

こんな方言もなくなっていくのだろうか.....。

忠告2

以下の再度の忠告がありました。

燃料節約のためと称して走行中にエンジンを停止する行為は更に危険であり、絶対にしてはならない。エンジンの吸気負圧(ディーゼルエンジン搭載車においてはエンジン駆動のバキュームポンプ)により作動するブレーキブースター、およびエンジンで回転するポンプによるパワーステアリングの機能が停止、キーOFF 位置で操舵するとハンドルロックが掛かり操舵、制動ともに機能失陥して操縦不能に陥る恐れがある。また、同様の理由で坂道を下る際にNレンジに入れることも行うべきではない。

事故はいかん。すんません。読者の皆さん行わないでください。

で、一件落着か?

化石燃料の消費を減らしたい私の姿勢は変わらない。どうすれば消費を減らせるか真剣に考えて行動している。自家用が三台あった車は一台にし、会社の車も電車とバスで移動するように指導して半分に減らした。どうしても車が必要なときに燃料消費を抑える工夫をする。そのような行動を実際に行っている読者がいるのか。

車を生産する会社はハイブリッド車のように今までの運転の仕方を変えずに燃料消費を抑えようとしている。それはそれでよい事だが、高価すぎる。走行距離が短いと何をもって地球に優しいと言えるか疑問だ。

私はこんな車が欲しい。赤信号が見えたらエンジンを切れる車。下り坂でエンジンを切れる車。エンジンを切ってもエアコンの動く車。切ったエンジンをスイッチ以外の簡単な操作で始動できる車。手動ハイブリッド車。

それらの開発費は高くない。既存技術ですぐに出来る。そんな車が役に立つと思う人がいない。まったく機運がないのですよ。温暖化が身近な問題と思えないのですよ。

ここまで読んでくださった読者の皆さん、どうか信号で五秒以上あればエンジンを止めてください。その結果は百年も先に生きていない貴方に直接跳ね返りませんが、何億年先に、もしも人間が地球上に生きていたら、その人間は貴方を想うでしょう。ありがとうとささやくでしょう。

今の私はご指摘のようにまだまだ無知です。だけど地球を守る行動を旺盛に取り込んでいます。只々、知識の投売りや洞吹きには絶対にならない。心構えを行動に結びつけるのです。

引用文中の「燃料節約のためと称して」というくだりに激しい怒りを感じる

忠告

昨日の「今回始めたのが長い下りでのエンジン停止」について読者から忠告。

加藤さん、オートマと違うの? マニュアルやったらええけど、オートマのNレンジでは長距離を空走させると変速機の潤滑がうまくいかなくて故障の原因になることもありますよ。詳しいことはここに

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%8B%95%E5%A4%89%E9%80%9F%E6%A9%9F


で、オイル切れになるような長距離ではありませんから大丈夫。ご指定のサイトの記述もこのように書いています。

車両を牽引する場合には、トルクコンバータを保護するためにNレンジを選択。その場合、変速機内部の潤滑が十分に出来ず焼き付きを起こすため、近距離にとどめること。

小春、小春

昨日の早朝、スタッフの一人が大量の納品PCを積込んでいる最中に腰痛で動けなくなった。予定がないのは私だけだから滋賀県北部の客先へ一人で納品に向かいます。

久しぶりの中距離運転。英会話のテキストをハンドルにクリップ。市内信号停止は必ずエンジン停止。今回始めたのが長い下りでのエンジン停止。ただし、わが社のオンボロ車はパワステじゃないからね。エンジン停止時間は相当あることが分ったよ。

琵琶湖の畔を北上すると桜が綺麗。しばし英会話もエンジンも停止。

客先では我社スタッフが荷車の用意を依頼したらしく部長以下五名の出迎えで勝手に荷物は無くなっていた。随分会ってないから社長にもご挨拶。なんと追加注文もいただいた。。。。。。。。。

小春日和の琵琶湖畔。小春、小春のかとけんであります。道端の小さな花も増えました。見てくださいねっ。見えたら「かとけんが咲いてらあっ」って言ってみて。小さな幸せに出会えるよっ。

世界一周航空券

六月末から一ヶ月の海外自転車旅は初めて世界一周航空券を使います。道程は.......


6/28関空→フランクフルト→ミラノ。ドロミテを13日間楽しみます。


7/10ミラノ→フランクフルト→ヴァンクーバ。ヴァンクーバ島を17日間楽しんで。


7/26ヴァンクーバ→ソウル。関空へ直帰しないでソウルです。


ソウル⇔関空は世界一周航空券を使わずにソウル発往復一年オープン割安券を現地で買って飛びます。世界一周航空券は自国へ戻るとそれで終わりなのですがソウル⇔関空を別航空券を使いますと世界一周航空券はまだ終わっていない。


一年の有効期間があるから今年の正月にでもソウルからシドニー経由でメルボルン。タスマニアの往復に使います。これで29000マイルの限度ぎりぎり。

費用は空港使用料などを別にしてビジネスで65万、エコノミーで33万。調べたらビジネスでミラノ往復。バンクーバー往復。シドニーメルボルン往復合計153万。それが65万。しかも世界一周航空券にもマイルが付くからハワイ往復がタダ。

これからの海外自転車旅はこれに限る。南半球と北半球を夏冬使い分け。正月でもお盆でも値段は一緒だし。。。。。。。

大韓航空さま、お願いだからスターアライアンスから脱退しないでね。ソウルが私の基地空港だから。

次の世界一周を考えているかとけんであります。

ジャム

昨年の六月の終わりに庭のヤマモモの木から収穫した実で果実酒を漬け込んでいた。


実を取り出してジャムを作ります。親指大の実から種を取り出すのに二人で半時。アルコールを飛ばすための煮込みに二時間。

出来上がったジャムは甘さを控えて酸いさを強調。すると甘党の婆ちゃんもカミサンも食べないんだなあ。半分だけ甘いのも作っておこう。

図書を自宅で探す

 
これは滋賀県立図書館の横断検索画面。県内全ての公立図書館、立命大や滋賀医大などの大学図書館、それに国立図書館まで一発で検索します。

ロンリープラネット英語版のカナダを探したのですが、残念ながら東京までは借りに行けません。

これからは自宅で検索してから近くにあれば借りに行く。いいですね。

自らの手

先日の九州北部。自分で整備した自転車での旅が気持ちいいですね、身も心も軽くなって、しっとりとした乗り心地がたまらない。


屋久島のMTBが地獄であれば、コル鉄の旅は天国。素敵な乗り物だよコル鉄。

自分で行った整備は前後のハブ内部分解清掃と部分交換。全ワイヤ清掃注油。前後ディレーラ清掃後の限度調整とライン調整。ヘッドの絞め具合調整。

ご苦労様ですコル鉄くん。今日明日でお疲れお手入れだ。

イタリア気質

イタリアとカナダの宿にネットで予約を入れているが返事が来ない。イタ公はいい加減だって聞くけど、ほんとなのかなあ。カナダ野郎もか。

ラルフローレン五百円

今の季節によく着るラルフローレンのジャケット。軽くて着心地の良い一着で20年前に買ったもの。 いくらで買ったかと云いますと、大丸で五百円です。新品ですよ。

写真をよく見てください。ファスナーが左右逆なのです。大丸の「訳あり市」に出ていたのですが、最初はどんな「訳」か分からずに買って帰って、着てみて分かりました。

もう一着は派手なシャツ。マクレガー製で右が長袖、左が半袖。買うときに見て大笑い。当時はゴルフをやっていたので早速ゴルフ場で着用。同行者のみならず会う人みんな大笑い。五百円で随分楽しい思いをさせてもらいました。

今もやってるのかなあ、大丸の「訳あり市」。

ラーメン一杯

ある方からのお便りに書いてあった話。ラーメン一杯459キロカロリーで自動車は五百メートルしか走らない。徒歩で12km、自転車が50km走るらしい。

グサッと来ました。だってそれ以上食べて走っているから。
長崎 野母 佐世保 鹿町 平戸 生月 伊万里 唐津 芥屋 博多 志賀島の旅です。

へ戻る