楽言楽夢へ戻る

種子島・屋久島旅日記

2008-02-28から2008-03-04の種子島・屋久島旅日記は、楽言楽夢から楽旅楽夢に移動しました。

日本の旅

只今、伊丹空港は鹿児島行きの搭乗待ち。
六日間、鹿児島県は種子島三泊、口永良部島一泊、屋久島一泊の自転車旅です。口永良部島は小さい島で走るほどの距離はありませんが温泉を楽しもう。今年は寒そうだな。

でわっ。

上達途上

ハワイでの英語ですが、道路閉鎖の日に宿の女主人と早朝に話し始めてレンタカーを借りて分かれるまで、そうですね五時間くらい話し続けるのは容易になってきました。

今までは話そうとする意味を日本語で考えて、頭で翻訳した言葉を口に出すという工程が、英語で考えるように徐々に変わってきています。分かりやすく言えば「寒い」を「Cold」に訳してから話すのでなく「Cold」と感じてそのまま言葉になるのですね。

読むときも大きく異なってきています。端的に言うと単語を読んでいくのでなく、複数の単語が「バサッ、バサッ」と目に入る感じで、目に入ると翻訳作業なしで脳みそに届くのですね。

偉そうに言ってごめん。でも、それだけの日々の積み重ねをしているのは事実ですから。
楽道楽夢は車でも距離や快適度は旅の参考に使えますよ。自転車で走るときには距離や高低、さらに道の危険具合や快適度、体力の必要度が書いてありますのでご参考に。

私の走った地図を見てください。驚かれること間違いなし。

楽旅楽夢は旅日記ですが感動した場所などを皆さんのこれからの旅の参考にお使いください。もちろん、旅日記として面白く、笑いと涙が溢れています。って、自画自賛だ。

私のサイトのメインメニューに文字列検索可とあるところはどんな文字列でも探してくれますからとても便利に使えます。

 
ひまわりの種を食べに訪れてくれたのが「やまがら」です。可愛いです。


みかんを啄ばむのは「めじろ」。 一日中、沢山訪れる我が家の庭は小鳥の楽園なり。

MTB

MTBが倉庫で寝ている。もったいないなぁ。

ということでツーリングに使うことにしました。ハンドルを沢山のポジションがとれるのに変えて荷台を買って。

難儀なのはカミサンがカンパで私がシマノ。タイヤサイズも違うから持ち歩く補修品が増えることかな。

すやすや

孫は我が腕の中でぐっすりと眠っております。抱いて遊んでいるうちに寝込んでしまいました。

これが我が腕で寝る初めての姿。こうなると可愛いものだわ。重いけど。

楽写楽夢

 ハワイの写真が上ってきて楽写楽夢への選別作業。記憶とは相当の差で綺麗な所だったんだと写真を見て思う。

記憶よ消えなさい。悪い記憶よ消えなさい。

野鳥

自宅庭に小鳥の餌台を作ったのが昨年11月。旅行中以外は毎朝ひまわりの種を置いた。だが、一向に食べてくれない日が続いた。

今年の冬は駄目かなと思っていた矢先、食べ殻が沢山ある。来たんだ~。実物を早く見たいが夜明けに出て日暮れ以降に帰るから会えない。首を長くして次の休日を待つ。

使い切る

BOSEのヘッドフォンはかれこれ四年くらい使っていますが、頻度が毎日なので傷んできました。パッドの皮のようなコーティングが剥がれてきました。長さを調節するスライドはカチカチ停まる機構が壊れています。



自転車のタイヤ同様、とことんまで使うのがかとけん流儀。音は出るのですから。

生ける

 
冬の散歩は生け花になる摘み草がない。あぜ道に生えている苔を生けてみました。どうですか。

乳飲み子

Tag! You're it!
タッチ!ほら鬼だ!

That's not fair. Time out!
こんなのない。タイム!

You don't want to play?
遊びたくないのか?

I've been it a zillion times.
何回鬼になったかわかんないよ。

Well, no one complaining except you.
ほう、お前以外はだれも文句言わずにやっているけど。

I'm going to sit this game out.
僕、今回はやらないでおくよ。

Okey, suit yourself, spoilsport.
いいよ、勝手にしな、一抜け男。

Hey, no name-calling!
おい、悪口言うな!

Ricky is a spoilsport!
りっキーは一抜け男だぞ!

Okey. Tag! You're it!
よおし、タッチ!ほら鬼だ!

itが鬼なのです。代名詞のitが名詞の鬼という意味があるなんて思いもよらぬこと。itから辞書を引くと探すのが大変だったけど鬼から引くと直ぐに出てきました。英語圏の人たちはit=鬼を幼少時に使って覚えてるんだ。

今回はitとzillion timesとspoilsportとno name-callingが分からなかったので筋がつかめなかった。まだまだ鬼ごっこの手前の乳飲み子ですわ。

筋が分からない

朝のNHK英会話ですが、今回は何度聞いても分からない。一部が分からないことはあたりまえですが、今回は何度聞いても筋が分からない。場面は子供の遊び。

A: Tag! You're it!
B: That's not fair. Time out!
A: You don't want to play?
B: I've been it a zillion times.
A: Well, no one complaining except you.
B: I'm going to sit this game out.
A: Okey, suit yourself, spoilsport.
B: Hey, no name-calling!
A: Ricky is a spoilsport!
B: Okey. Tag! You're it!

これがその内容です。何のことか分かる方は日常会話の相当の達人。回答は a-shi-ta。

旅の終焉

ハワイから帰った翌日は充実感どころか、ハワイを思い出すのも嫌だった。しかも次の旅のことを考えるのも辛い。日が経てば記憶の楽観性で変わると思うけれど、今までに経験しなかった出来事です。

ひょっとして、こういうことが旅を止めるきっかけになるのかもしれないと本気で思った。旅をしなくなったかとけんは何に夢中になるのだろう。

ベルナール・イノー

 ツール・ド・フランス5度の総合優勝を果たしたベルナール・イノーと京都で一緒に走れることを知り合いからのメールで知りました。知り合いは長崎で一緒に走ったそうです。明日だ けど行きたいなあ。

 <ベルナール・イノーと桂川サイクリングロードを走ろう>
・日時:2008年2月15日 金曜日 午前9時出発 12:30頃終了
・行程:集合・出発:京都府八幡市三川合流地点
          背割提駐車場(桂川サイクリングロード)
     ~ 休憩:桂川緑地公園
     ~ 嵐山:自転車で観光
     ~ 嵯峨野サイクリング(釈迦堂~広沢池~宇多野)
     ~ 観光:竜安寺
     ~ 終点:金閣寺  

関西シクロクロスブログより引用。詳細は下記ブログを読んでください。
http://www.voiceblog.jp/kansai_cyclocross/497388.html

時差呆け

ハワイ往復で帰りの時差呆けはたいしたことがなかったけれど、行った直後がなかなか体調が整わなかった。時差呆けは西から東へ飛ぶ方がその逆よりひどいと何かで読みました。

時差呆けの解消法は日光に当たること。これで体内時計が昼を認識するのだそうで、その間、眠くとも起きていることだそうです。

日本国内で生活している人でも昼夜が逆転している方がいますが、洞窟のような無太陽に長時間居ると体内時計が25時間周期のように伸びるらしいですね。だからどんどん逆転していくのだそうです。

太陽は有り難い存在なり。

楽旅楽夢・楽道楽夢

サイト構築の最後の砦が旅と道。連日の奮闘でかなり進みました。ハワイで風邪熱と豪雨に閉じ込められた日も、帰国後の三連休もこればっか。140の内117完成であります。

旅をアップしていて、日記はもう一度きっちりと読み直して校正します。読み直すとその時の感動が再び起きて熱中して読んでしまう。読み返して思いだす出来事は新鮮だなあ。

なんて素晴らしい旅だよって、我ながら感心しきりであります。いやっ、ほんと。

雪景色

 
早朝散歩の雪景色。池の畔に柔らかな木立の陰影。枝には氷から滴へと変わる姿。素晴らしきかなこの風景。


山里には生き物が沢山暮らしている。普段の散歩では気が付かないが、雪の朝は其処かしこに足跡が残っている。楽しきかな鳥獣戯画の足跡なり。

雪の朝

 
久しぶりの早朝里山散歩。予報どおり途中から雪。気持ちが良いです。


庭の梅はつぼみ膨らみ、もうすぐ開花。つぼみの上の雪が風情あり。この後、見る見るうちに積もりました。

痩せた

旅から帰ると体重を計りますが大概は1kgほど増えて帰ってくる。今回は2kg減っていた。ってことは上下3kgの差。

それだけ堪えたのかなぁ、あの発熱と不安が

ハワイ旅日記

2008-01-23から2008-02-06のハワイ旅日記は、楽言楽夢から楽旅楽夢に移動しました。

へ戻る